2007年4月26日木曜日

SPADA購入

さて、自動二輪免許も取ったことだしということで、NSR50を黄色にした訳ですが、ここで重大ニュース発表です。
タイトルにも書いてある通りVT250SPADAを購入することにしました。動機は下記の通りです。

  1. 加速がたりない
  2. 耐久性がたりない
  3. ポジションがきつい
  4. NSR50だと小さいからと馬鹿にされ無理な追い抜きをされがち
  5. 消耗部品が高い
各部分について説明を付けていきます。

1と2っていうのはツーリングにいったときに思ったことです。ほかの部分との兼ね合いで遠乗りするときにはやはり50ccという壁大きいと思います。そのときにツーリングに一緒に出ていたメンバーは2人ともHornetというバイクです。250ccでは速いバイクなので追いつくのにやっとという感じでした。 下りでは勝てる気しないわけでもないですが。

3.4.5というのは前々から思っていたことです。小さいためにポジション的につらい訳です。NSR250とは比になりません。遠乗りしたらそれがいたい程よく分かります。
消耗部品等もNSR50はSPADAより1000円くらい低いくらいで正直ほとんどメリットがありません。 返ってシリンダーとかの交換頻度を考えるとSPADAがやすくなります。
ほとんど乗らないということでしたら、SPADAよりNSR50の方が全然安いと思いますが。
小さいからということでの追い抜きはしかたがありません。 峠で走っているとそういう車によくあいますから。。。。。

以上の理由はNSR50に対してかなり理不尽であることは分かっておりますが、他のオーナーの方にもらってもらうことにします。 もし大学で、知人で欲しい方がいたら5万では譲るつもりです。 後ろのブレーキのOHのみまだ終わってないのでせめて、、、という感じではありますが、、、