2008年7月2日水曜日

支局長からの手紙「もったいない」の心/福井

参考URL:http://mainichi.jp/area/fukui/news/20080521ddlk18070751000c.html?inb=fr

船場吉兆がいった「もったいないという指導の流れが今回の件につながった」という釈明をされたという事ですが、この記事を書いた方はもうけ至上主義が発した言葉のように思えます。ときっております。
そして、「もったいない」という言葉に付いても言及しております。

もったいないというのは仏教用語の「勿体」のことで、物の本来あるべき姿「本体」の意味を表している言葉だとか。
自然に感謝し命や物を大切にしようという積極的な思いが込められています。
ということです。

続きがありますが、省きます。 続きが良い話ですよ。
勿体無い 私も使い捨ての多い生活を送ってきた気がします。