2010年4月30日金曜日

ビジネスマンっていうものは

会社の収益になることを自立的に行うこと。

色々な仕事、人色々な仕事の中で会社という組織は構成されている。
その中で最初は見つける段階から、それから徐々に与えられるだけではなく、与える側の立場になっていけばいい。

これは、昨日会社の先輩から教えていただいたことです。

それを見つけ発信するまでに与えられた時間というのはそう多くはないことがわかりました。
それと同時にもっともっと前に出ることを多くするべきだということもわかりました。

責任は最終的には会社がとらないといけない。しかし、自分としての責任が取れるところもあるし、上司がとる部分もある。 みんな口で言わないし、何より自分から話すこともないけど、裏ではそういう槍とがある。

話がまとまらなくなりそうなので、まとめに入ると

会社としての利益は何だ?
会社としての利益を与える立場の人間にいつなってくれるのか?

この二点に集約できるのですが、1点目の「利益」というのは簡単なようで難しい。
こういうゴールがあって私は今これをしている段階です。というものを持っておかないといけないから。

今の自分は与えられたミッションをこなしているだけにすぎない。 たとえ、考えているとしてもミッションを生み出し、その後皆を配分することができていない。 周りの同期をみると同年代の社員に対してそういうことをちゃんとやっているそうだ。。。。

俺もがんばんねぇと取り残されるな。