2010年6月18日金曜日

信頼関係について

?信頼関係構築について問題となりそうな部分を抜き出してみる。

・信頼することへの恐怖
?人は知らないことを知ることは興味がありつつも、恐怖を感じてしまう。
対称となる人に対して信頼をおいてもいいのかなぁ。と思っていざ「信頼」の文字をその人に当てはめようとすると、
信頼する事に対しての免疫が無い場合は信頼する事自体が怖くなる。
結果恐怖という形で現れる。

・信頼への恐怖へのテスト
?信頼してもいいのかどうかをテストしたがる。
結果、普通では考えられない行動を多々起こす。

・信頼というものへの義務と権利の混同
?人は信頼なくしては成り立たない。
ここで書いている義務というのは、信頼されている故にアクションを起こした上で結果を持ってくるということ。
権利というのは信頼されているため、通常行わないといけないことを省けるということ。(信頼が0の状態からスタートしなくてもよい。)
義務とかいてあるが、これは、絶対ではないということを互いに信頼していないとただの責任と感じてしまう。
故に何かできないと過剰に「大変だ!」と感じてしまう。 それが発生する頻度が少しでも大きくなってくると何をするのも嫌になってしまう。

この記事は続きをまた今度書くとしようか。



Powered by ScribeFire.