2012年2月28日火曜日

自分と戦う

ようやくこの記事が公開できます。よかった!(諸事情により記事自体は書いてあるものの表に出せなかったのです)

いわゆる自己啓発本に書いてあることってこれに類するものが多いと思う。突き詰めていけば自分。
それは対処療法だったり、起こった事象に対して考察を入れてこう考えてみようというものだったり。

形は色々あるのだけど、「お前は悪くない。周りが悪い」なんて書いてある本はまだみたことがないです。
自己啓発系の本を読んでみていたりはしたのだけど、その場に応じた対処療法のことをずっと書いている本が多かったの。 今回退職するにあたり、ひとつの本を餞別としていただきました。

これは対処療法の本ではありませんでした。感じ取っているのはこの本を理解するのは長いことかかるだろう。という予感です。

本は時に語るよりも雄弁に、厳しく、伝えてくれる。
普段本を読まないので、こんなことを言うと「当たり前のことを」といわれるかもしれないのですが、私の率直な意見はこれでした。
一番必要なものを見分ける事はもっとも私が苦手とすることです。ジャッジするときに正当ではないジャッジをしていると時間がたったときに気づくときが多いです。
モチベーションは大事なんだろうと思っていますが、何かに成るためには取捨選択を誤らないことが重要ですよね。
私のもらった本はそういう物を突き詰めている本だとそう思います。 内容的には厳しすぎて受け入れがたい部分もあります、その部分も含めて私の中に取り込めて実践できれば、、、そう考えて今日もまた読み進めましょう。 私は幸せになって、先を目指したいです!