2015年8月12日水曜日

北海道 四日目

昨日の温泉に洗面具を忘れた!
と朝の支度をしている最中に気づいた、銀鱗荘からスタートです。

仕方がないで、途中で買いますか。
朝御飯は魚一のラーメンにしたかったのだけど、間に合わなかったので、近くの和商のラーメンに。
辛味噌ラーメンなので、魚介類じゃないから、べつにどこでもたべられるものですね。
早くジンギスカン食べたいので、内陸に。

釧路~襟裳岬~帯広へ
襟裳岬の途中で寒すぎたので、ごみ袋を使い即席のウィンドブレーカー作りました。
あまりにもからだが冷えていたので、道のそばの駐車場で八の字20回程度やってからだが動くようになって、 襟裳岬に出発。

これを何度か繰り返し、襟裳岬に到着。
霧が出ていなかったら、海岸線はきれいなんだろうな。
襟裳岬到着したら、今度は歩かないといけないので、即席のウィンドブレーカーを破壊します。

高所恐怖症なので、手すりにてをおきながら降りる降りる。
先までついたら、アザラシがいない。。。
風の館というところでアザラシが見れるというからはいったら望遠鏡で見てゴムボールが浮かんでいるのか識別できないくらいのがっかり度合い。
そのときに想像してたのは、アザラシがガラス越しに!だったのですが。

襟裳岬から帯広に行くときには来たルートを帰る方が一番早いですが、同じルートを通る苦行は遣りたくないので、一時間程度プラスして、苫小牧方面のルートで帰る。
途中、地元沖縄ではお世話になっていたコープで洗面具を買い出し。

と、タイヤチェック。ふむふむ、ほとんど倒せていない、かなり転倒を恐れていますね。
まぁ、こんなところで、レバーポッキリは痛いのですし、タイヤを信用していないので仕方がないですけど。

そんなこんなしていると、競走馬の学校が。
皆のびのびとしてます。
一頭だけ、「見てますよ」というか、あきからにここにあわせて移動している馬がいたので、馬に必死に話しかけてました。
なに話しても毎回微妙にリアクション違うのが面白い。

帯広の下は、競走馬が集まるところなのですかね。行きの高速、帰りの道でも馬を乗せたトラックを何台も見かけました。
北海道の見所を調べないできているので、いい発見です。
そんなこんなしているうちに帯広に到着。

早めの時間帯に到着しましたが、青森のライダーさんが結構北海道来ているということで、いろんな情報を聞いていると、時間は21時
大体の店がしまってしまう時間帯。
あぁ、いつものパターンだ。

お店探しましたが、あいにく空いていない、待ちだったので、ビクトリアステーションへ。
そこで、暇潰しにチャットパッド開いていたら、埼玉の人でLINEしようずということで、夜中の12時まで話してました。
んー、いつものパターンだ。

帰りに地元の原付の女の子が何やら困っていたので、助けたのだけど。
そこから時間は押して押して、2時。
まさか北海道の地でプラグレンチで、他の人のバイク整備することなるとは。
他の人の家にプラグレンチを借りに行くのも初めてだし、作業中に横からひょこひょこ顔が出てくるのも初めてだしさ。
女の子の髪の香りっていい香りするから、整備で今まで味会わったことのないドキドキ感。
にしても、あのバイクよく動いてたな。と大学生の頃、みんなでバイクをいじってた日を思い出す。

部屋にとまってけと申し出があったのだけど、もうライダーズハウスとってあるから、丁重にお断りして、ライダーズハウス にしのに帰ってきました。
地元のかた、ライダーズハウスの方、色々な触れ合いがあった一日でしたが、風呂はいれていません。

この記事も、翌日の温泉でスマフォ片手に書いています。
バイクで外にロングツーリングにでると色々あります。
北海道 2015/08/12