2018年4月11日水曜日

FZ6が車検から帰ってきた

今日は(日が変わりましたが)FZ6が車検から帰ってきました。
帰りがけ、このバイクはなんて良いバイクなんだ。 このバイクに乗っている私は幸せ者に違いないとまで思ったのでいいところを書いていこうと思う。

代車で借りていたWR250が難ありだったのでそれの反動もあるんですが、書きます。

いいところ

  1. エンジンが止まらない
  2. ファンが回る
  3. 排気音が静か
  4. おしりを休ませることができる
  5. あまり振動がない
  6. 加速がスムーズ
  7. 倒さなくてもスーッと曲がっていく
  8. エンジンも穏やか
  9. 見た目も穏やか

わるいところ

  1. 燃費
  2. 重い
悪いところが一体全体何の問題があるんだい!?ってなるくらい本日は「FZ6ってなんていいバイクなんだ。」と思ったので書きました。

いいところの上2つは、WR250がほとんどレーサー的な使われ方をしていたので仕方がないとして(河川敷でがっつりオフロードするために使っていた)

排気音:とても静か(400ccと比べても)
おしりを休ませることができる:結構ふかふかです。 どっかり座ってもいい感じだということに気付きました。
あまり振動がない:単気筒から乗り換えるとこうなります
加速がスムーズ:単気筒から乗り換えるとこうな(ry 排気量もでかいしな。
倒さなくてもスーッと曲がっていく:オンロードだしな
エンジンも穏やか:これはFZ6のキャラクターで一番気に入っているところ。 回せば200kmオーバーの世界へも行けるけど、普段はとろーっと走ってもいい。
見た目も穏やか:他者を威圧しない主張のなさ。 これはVTRにも通じるところがあると思っている。

以上です。この子はとってもいい子なのでこれからも愛して乗りたいと思います。

なお、次の車検をGoogleカレンダーに入れることを忘れなかった。