2007年7月10日火曜日

バイト先で

今日はバイト先がかなり忙しい状態でした。
理由は不明です。 おそらくあの状態だったら他の人が入っていてもめちゃくちゃ忙しい状態です。

自分はそんななかどうしても自分的に許せないミスを犯したのでその仕事を解決するために1時間はただ働きさせていただきました。

なぜか? それはプロだからですよ。仕事に自信を早く持ちたいですから。
まあ、その間も一応仕事をこなしてましたがね。


そんな中様々なお客さんが来ていましたが、ある一人のお客さんにターゲットを絞って話していきたいと思います

あるお客様のPCをみていると、そのお客様のPCはリカバリでなおりそうです。
お客様に問い合わせると、データは自分で取られるとの事。 ん? 何かおかしいぞ。
普通バックアップのとれるような人間であればリカバリなんて朝飯前のはずです。
っていうこたぁ、、、、そう。 分かった人は分かったかもしれないです。 リカバリをするためのDiscを持ってないのです。 それはOSとドライバとアプリケーションが別々ですので(このブログではそういうのもリカバリと読んでます)全部必要なのですが、OSがないのです。ライセンスは持っているのでお客様のPCにOSを入れる事は可能ですが、それよりも問題解決の為に、OSのインストールCDを探してきてください。と最終的にお伝えした訳ですが。なにか納得されてない様子。その時は、もうバイト自体はあがっていたので、お聞きしました。
俺:「どうされました?」
オ:「いや。Windowsはすべて一緒なのにウイルスにもやられていないのに(仮定になりますが)なんでおかしくなるのかな?」
とそのような事から始まりなぜおかしくなるのかを説明しておりました。

なるほどねー。という事でご納得されてお帰りになられましたが、確かに普通の人から考えてみれば、おかしくなること自体が納得できそうにないですね。

私は中学の頃からのPCユーザなので当たり前のことなのです。むしろ今は壊れにくくなっております。 あの窓でさえです。

その時にお話ししましたのは、最終的には車で例えさせていただきました。
「ハードは車にあたります。ソフトは消耗品にあたります。ハードである車を生かすためには、燃料となる電気が必要です。そして、車でもいじる人がおられます。その人達のために私どもはパーツを販売しております。無論、車と同じように相性もございますので、何かあった時には相応の対応をさせていただいております。では、ソフトは何にあたるかといえば、オイルやエレメントなどといった車を正常に動かすためのものです。使えば使うほど汚れます。そのためのメンテが必要なのです。その一つにはウイルス対策といったゴミや入ってはいけないものを除去するための物があります。そして、最終的に汚れきった時のために再インストールという方法をご案内しております。」と、

知っている方からすれば「そうじゃないだろう。」となるかもしれないです。

でも、知らない人からみれば、パソコンというのは、見えているものがすべてなんですね。
ソフトとハードがどうして別々に考えるのか?っていうのが分かんないんですね。 無理もないでしょう。 正直な話を言えば、OSがなぜ不安定動作をするのかなんてこの国に何人知っている人がいるのか?って言う位ですから。 無論私は知らない方です。 ただ、今までみた状況からするとそうなるわけです。 車だってそうですよ。 知っているつもりで机上の理論や聞いた事からそう決めている訳です。 私はエンジンを設計した訳ではないので。

ま、そんな事を気づかせてくれた一日であり、そして、めちゃ忙しい一日でもありました。