2007年7月1日日曜日

基本情報技術者試験秋期受付

7月17日に開始ということが、情報処理推進機構(IPA)から発表されておりました。
これに向けての勉強は明日からでも始めなければいけません。 バイトも続ける事になりましたし、いよいよ大学生最後のラストスパートをきらないといけない時期にさしかかって参りしました。

この記事を読まれた方には基本情報処理試験なんて役に立たないし、受ける意味なんてないよ。なんて思われている方もいるかもしれないですね。 確かに、基本情報処理技術者自体はそれだけではほとんどといっていいほど役に立ちません。 基本中の基本の事しかしないので有用性は内容に思われますが、プログラムをくもうといったときにもしかすると役に立つかもしれないですね。っていう情報は含まれております。そう、メモリ等のコンピュータの基本的な設計を理解する上では確かにもってこいという試験には違いありません。 なんていったって昔からさほど基本的な事は変わってはいなくて、今までの知識で十分理解できるような世界なんですからね。
意味ないよなんていっている人でコンピュータの事なんて分からなくてもプログラムくめるっていう人はいいかもしれないですが、くんでいるときに果たしてそれは分かっていてそのコードをくんでいるのか分からないでコードをくんでいるのかでは安全性という面においては差が出てきます。

これだけでは、有用性のない試験ではありますが、入門者は馬鹿にしてないで取っていた方が良い試験だと思います。