2015年5月4日月曜日

VTR250のハンドルロック死んでいなかった

最近VTR250動かせなかったんです。

どうしてもハンドルロックが解除できず、バイク屋に持って行くにしても移動費がかなり高くつきそうだなー。って思っていました。

こんな時のため、SM(SPADA用)とパーツリストは完備していますが、どうもキー周りのパーツってよく分からない。 エンジン部分まわりよりも分からないんです。

自分でASSYを取り寄せて外せるものか?(取り付け部分は、トルクスっぽい何かですし)キーは一緒についてくるのか?(そもそもASSYに含まれているかいなか。)

そんなことを考えながら1ヶ月ほど停止状態。
GWにも入ってみんなどこかに行ってるうらやましいなぁ。とか思いながらハンキー部分を見ていました。

もしかしたら、シリンダーじゃなくて、ハンキーの部分に注油したら外れないかな? 逆方向から衝撃を与えたらもしかしたら、、、 とか思って試してみると外れました。



外部からのいたずらとか、埃が入ったとかではなく、ハンキー部分のパーツが固着していたようですね。
切り分けって大事。仕事もそうだけどねぇ。

もしだめだったら、ハンキーの固定している金具を壊してやろうとかそんなことを考えていましたが、どうしてもキーシリンダーが回ってくれないと配線類が大変なことになるので参っていました。

さて、少し外を走らせてバイクのオイルを柔らかくしてからオイル交換しましょうかね。
ついでに夏用のグローブが死んでしまったので、それを買いに行きましょう。