2018年5月2日水曜日

キャンプツーリング5日目



有田のキャンプ場をあとにし、川崎に帰るルートに。

ただ、雨でなかなか進まず、結局滋賀または、三重あたりで止まる。

そして本日は雨。

んー。雨の日のキャンプは大変と言うしなぁ。
避けようと思いました。
ネカフェに逃げ込もうか?と思いました。

しかし。そうも行かないときもあるだろう。経験はしておくべきだ。(せっかく洗濯したのに勿体無いと思ったのは内緒)
そう思い滋賀でキャンプすることに。

ついでに自炊もやることに。



買い出しで見つけたピアゴ。
会社の近くでスーパーやっているんです。
しかし本日はその大きなピアゴを目にしました。

うん、会社の近くのは結構小さめのピアゴだけど、これは、あの少し小さなイオンではないか。

感動したので、調理器具はここで買うことに。

今の雨雲レーダーなんだけど、これはやばいんじゃないか?
帰りは一体いつになるんだ。

あとね、キャンプするときはナイフは、バーナーだけしか使わないにしてもあったほうがいいというのは理解した。

箸買うの忘れても、そのへんの落ちてる枝で作れるし、切るものはちょいちょい出るし、肉もこれで切ろうと思えば切れるし。

今日も一日お疲れ様

2018年5月1日火曜日

キャンプツーリング四日目

今日も早めに出発しました。

キャンプは同じところにはろうかと思いましたが、やはり次の目的に合わせて移動することに。
新しいキャンプ地もめぐり合わせですからね


12時辺りに行くとして、まずはツーリング進める。

お土産を買うとしたら白浜かな?と思ったので、白浜へ、途中串本寄ろうと思うの。

なんか途中、道の駅見つけてそれっぽいから散策しようか?思ったけど、何もなくて写真だけ撮ったんだ。。。

こういうときに、落胆するから私は道の駅になかなか寄らない。


串本から白浜までの写真はないけど、かなりツーリングする上ではおすすめのツーリングコースです。

なんてったって、海があるのに道がくねくねしているんですもの。
普通海のツーリングルートなんてほとんど海が見えなくて高低差なしのまっすぐな道しかない。

たまらなく退屈。
ここはいい。 今まで、ツーリングは、九州、長野の一騎打ちかと思ったけど、かなりいい。
私の中では三つ巴。

ちなみにワーストワンは佐賀。

途中三段壁の文字が見えたから三段壁に向かってる途中に、恋人が多く集まってたから何かあるのかなー?と思ったら何もない。。。

おもんねー!



三段壁に到着して真っ先に購入したのはこのソフトクリーム。 作るときのあれは、ゲーセンにあるソフトクリーム作るのと同じでした。

味は確かに梅。しかし、ほのかな梅のさっぱりした香りがあるだけで、酸っぱくはありません。

ファンが増えるのはわかります。

 前に来たときにもあったんだろうけど、交番がユニーク
ただ、位置づけ的には、命の電話と同じっぽい。

そして、その自殺の名所にある、恋人の聖地。
私のときにはなかった!

ここから三段壁の地上から見た写真です。
エレベーターには毎回乗りません。






次にお土産の柚子モナカを買いにお店へ
幸梅漬本店。
しれっと、有田みかんのアイスがあったので注文。

食べてばかりだ。



そして、昼に来ようと思ってた。とれとれ市場。

 刺し身食べようと思って来ていたから、並んだときに見えた赤貝と、エビを取ったあとにチラシがあることが判明。

こんなに頼む気はなかったけど、寿司なので戻すのいやらしいか?思ったんで、そのまま食べました。

んで、感想なんだけど、ここの寿司の鮮度落ちていない?不味いんだけど。
回転寿司で回りまくった感じします。
おかしいな。和歌山の人は鮮度に敏感なはずなのに。
 店内はすごい人だかりです。
注文も列をなしていました。

 んで、到着しました。
山の家 おいし
キャンプ場もやってる?というていなのかな?

キャンプ場からの眺めは最高ですよ。
ここはまた来たい。


そして、テントの下にひく、グランドシートもとい、ブルーシートを買いにいつものコメリへ。
いつもお世話になってます。

 そのあと、今日の締めとなります。温泉へ。
かなや明恵挟温泉へ。

ここは安いし、いい。




風呂終わりが、18:35
キャンプ場までは、一時間かからないか?くらい。

ただ、キャンプ場から有田へ向かうルートで裏道的なルートは車の人は使わないほうがいい。
バイクの人も気をつけていこう。

ただでさえ狭い道が何故か、三分の一消えてるんです。

落ちたら崖なんで、かなりヤバイです。

P.S. 昨日は、サンダルを紛失しましたが、道路にブラが落ちていたときはとても不思議な感じがしました。
またお願いします。



2018年4月30日月曜日

キャンプツーリング三日目

志摩にあるキャンプ場を離れる準備を朝早くからしておりました。

何故か早めに起きてしまったので、六時までは待っての撤収準備開始

そう、なんかここは肌に合わないと勝手に思い込んで早く離れたいという気持ちが勝った感じです。

風呂も入っていないので、早めにお風呂入りたいです。

薪も少し持っていきましたが、BG缶三本もあるので明らかに車体が重い。

コンビニでふと考えていました。いや。休憩行くまでに考えていしました。

あれ?普段自炊もしないのになんで料理してるの? しかもスポンジとか洗剤とかないし、よしんば買ってもあんたそれやりたいの?と。

答えはノーでした。

なので。

部屋に調理用具は送り返しました。 これで少しは軽くなる。

今、和歌山近くのコンビニですが

それでもこんな感じです。半端ないっす。。。。
調理用具は、洗うのめんどいので送り返して正解なんですが、薪使わなかったらまだ楽だった?と少しだけ後悔はしています。

そんな感じで本日の目的地は 川湯野営場 木魂の里 へ。

そうだ、志摩から紀北町まではかなり走りやすくて、くねくねしてて、景色もいいので、ツーリングおすすめです。

途中バイク乗りの人に話しかけられて、薪の話をしていると薪持ち歩く人は今まで見たことがない。暖を取るなら、ストーブアタッチメントでしょ?

ということで道沿いのホームセンターに片っ端から電話かけるが全滅。

仕方がないので100均で代用品を探すことに。




あたりの天気が怪しくなるくらい電話かけてました。
キャンプ場で作成しよう

川湯野営場木魂の里に到着。

そして、設営





今回は前室を大きく取るレイアウトにしました。
なお、ガイラインで適当なのが無かったので、いつものゴムフックで代用。

うん、今日はやっぱりあまり走ってないね

そして、ナタ入ってるのにまた、スリッパが。。。
今日は仕方ないな。
100均寄ったらまた買おう

んで、例の百均で買ったやつで試してみました。
そりゃ上は温かいけど、遠赤外線みたいに広がってくれる感じは一切ありません。

これはあかんです。

連泊予定で明日もここに泊まる感じで和歌山の下を回ろうと思います。(設営の手間省きたい)

にしても昔訪れた感じで海南まで行っちゃうと楽しい感じは皆無だった気がしてて。。。なんかあったかいな?

そろそろ寝ようかなー思ってトイレ行ったらキャンプ場にラーメン屋が!

和歌山ラーメン一丁!