2014年9月8日月曜日

北海道ツーリング 五日目

こんばんは、t1unaです。

帯広のライダーズハウスから出発です。
本日の目的
ホクレンフラッグ赤のレート取得すること

しかしホクレンフラッグ赤、、、取得することができませんでした。
その上取得したホクレンフラッグを紛失するという事態に。

以下記録

六花亭開店待ち

んー、六花亭というお店を紹介してもらったので、六花亭へ。
9時開店のはずが、デパートの店舗に入ってしまったので、10時までぽけーっと待っていました。
デパートの地下にバイクを止めた時は、朝礼の時間だったっぽい。
ウグイス嬢の声で、売上ランキングが発表されていました。
xx位 カルバンクライン それ知ってる。

デパート開店前

デパートの開店前って、大抵は扉締め切りで中に入れない場合がほとんどですが、このデパートは中では中で待たせてもらえました。
もしかすると、雪国だからかな??
そのデパートの中で開店した時のお出迎えを初めてみたんですが、最初の出迎えの挨拶はすごいですね。 ホテル!? まずい!!場違いな場所に俺はいた!
さっさと六花亭を探し出したいのだが、なかなか見つけきれず、丁寧な挨拶の嵐 慣れてないからやめてくれ、逃げ出しそうになったw
なんとか見つけ出して、六花亭本店へ(目当てのものは本店しかないとのこと)

六花亭本店

六花亭本店では、これまたホテルばりの丁寧な接客。
綺麗な店舗ですが、地元の人も観光客もなだれ込んでいました。
有名な所なんでしょうね。

中では気になったものを食べれるよ。

気になったものがあったら店内に有るコーヒーと一緒に食べれます。(コーヒーは無料ね)
時間帯によっては、二階にあるカフェで一緒に食べれる。
がっつり食べつつ、会社に持って行くお土産は網走博物館のやつじゃなくて、六花亭のにしようということで購入。
実は今回の買い物で一番高い。
しかし、私の気に入った甘味は本店でしか食べれないということ(郵送も無理)
私でもわかる、こだわりのお菓子達でした。

帯広でのお店はどこでも対応が丁寧でした。

帯広について思ったのだけど、ここはすごい丁寧な応対でした。
市役所覗いてみたくなったけど、時間がなかったので、次へ。

フラッグを取得するために北西へ

甘味を堪能し尽くし、フラッグ取得に向け、北西へ。
なんか地図的にはトマムICまで行けば良い感じに取れそうだった。。。
初高速ですが時間がかかってしまうしその時は仕方が無いと思って高速へ!
そこの近くでホクレンフラッグを紛失&回収するのですが、柄の部分が折れてしまっていました。
まぁ、何もなかったからよしとしよう。

二度目の高速

北海道でたしか、高速道路に乗ったか乗らなかった位で雨が降ってきました。空はもともとやばそうだったからしたがないです。会いましょう。
十勝ICだったかな、北九州から来たCBR250の人と歓談。これ、結構楽しいんです。
その人は本日フェリーで帰るということなのです。お疲れ様でした。

富良野到着

しかし、トマムからしばらく北上していくと、富良野なんですが、そこで売り切れていることが判明。。。
仕方がないの!さらに北上だ!
この辺で今日は帰れないなと諦めていました。
(よく考えると、念のためのリリースに備えて、金曜日の5時は開けておきたかった)

まだまだ北上。目的地旭川

そこで富良野のサービスエリアで教えてもらった旭川へ行くことに。(その辺ならまだあるということで)
この時から、なぜか靴の中が水びたしだったんですよね。
結構前に安物のブーツカバーだと結構カバー範囲があれなんでgoldwinのにしたから、どっかからもれていることも考えにくいですし。

旭川到着

旭川到着したのはたしか、5時くらいだったかな。旭川は結構都会で周りの場所はデパート、専門店が並んでるし。また、これ二日目に寄った宗谷にかなり近いところまで来てるんですよね。。。
中心部は色々有るみたいなんでいいじゃん!こことか思いつつ結局都会の方が住みやすさはうえなのかなぁとジレンマ。

フラッグを追い求めさまよう

フラッグフラッグ、、、、いろいろ探せどあてずっぽうでお店に入ってもダメなんですよ。旭川のホクレンのSSでも、ホクレンフラッグを販売していない所も多いので、注意です。
(お店の名前は書いて有るのですが、あれは、地元じゃないとわかんないと思う)
そう。地図が書いてあるけど、あれあんなにでかい北海道だったら、役に立つのはスタンドがほとんどないとかの地区だけです。
雨もひどいし、何より雨で路面のうえの表示が全く見えない。 中央線が見えないのです。
また、北海道の人、本当にギリギリまで(それなら方向指示器つける意味は全くない)という瞬間までは指示器つけないのでだんだん疲れてきた。
そして、そういう運転をするので、後ろの人も隣の車線に飛び出すんですよね。
いくら広いとはいっても、隣を見ないでブンッ!と頭を振るのはやめて欲しい。。。 運転は穏やかなのに、そこだけが危険だなと。
思いながらビクトリアへ。

ビクトリアにて

ビクトリアって北海道だけなんでしょうかね?内地にもあったら行きたいのですが。(北海道でも内地?本州?)
ステーキ、ハンバーグを種としたファミレスなんですが、あのスカイラークやら、ジョイフルやらと比べると怒られます。味は美味しいですし、びっくりのサービス内容でした。

ホテル探し

ホテルを取るべく、電話に次ぐ電話、恐ろしいくらい満席のお知らせ。
何十件コールしたあと永山でようやく予約は取れるが、この辺は、都会なので、ナビなしでの移動は辛かった。
ここもマスの目状に区切られた区画整備がなされた土地なので、迷う迷うw 地域名も n-mとかだから、頭の弱い私はその法則性に気づかない。
また、交差点名がくる方向によって変わるんですよ。 生まれて初めてです。

ホテル着

ビジネスホテル永山につきました。
フロントのおばちゃんは、他のホテルとは違ってフランクな対応。 や。この人はなんかいい意味で惹かれる。ホテルやるよりバーやったほうが儲かりそうなフロント。。。


そんなこんなで4日目はかなりの雨のおかげで散々でした。(距離はかなり走ったんだけどね)
ホテル到着後、靴のそこをみてみると、両足ともそこに穴が空いていることが判明。
明日買い替えですねー。

なお、その日は甘味堪能時、およびそれまでのルートでは雨が降って気分がなえていたので写真を撮らなかったみたいです。